レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「お笑い論を語るべきか」と「お笑いブームは終わるのか」について

マニアというのは、論を語りたがるものだ。

「プロレスが衰退したように、お笑いも論を語るようになったことで破滅の危機だ」

ケンコバが、この前言っていた事だ。

僕はプロレスの事は正直全く知らないが、そうだったのだろう。

「裏では、こういう意図を持ってやっています」と言われて、素直にプロレスを楽しめるやつは、そういないだろう。

プロレスというのは、あくまで格闘技のテイであるのだから、両者とも形の上では真剣に勝ちを求めに行く姿勢は見せなければいけない。

そうじゃないんだったら、ベルトにも何の意味も無くなってしまう。

それと「お笑い」は、絶対的に違う。

お笑いというのはあくまで「笑わせるためにやるもの」であって、「真剣に議論したりするもの」ではない。

漫才で、「俺、警察官になりたいから泥棒やって」と言うのを、真に受ける客なんていないだろう。

「警察官になりたいなんて言ってるけど、結局ふざけてる。嘘じゃないか」なんてキレてるやつは、絶望的にお笑いの見方がズレている。

芸人が舞台上で言う事なんて、全てが嘘の可能性があるということを、客は知っている。

その上で、面白ければ嘘でも本当でもどっちでもいいのだ。

いくらレベルの高いお笑い論が語られたところで、面白ければ人は理屈なんて関係なく笑う。

というわけで、お笑い論がどれだけ語られたところで、当分はお笑いが破滅することもなければ、つまらなくなることもないだろう。

それに、今の地味なお笑いブームは、まだ終わりそうにはない。

地上波でも、未だにネタ番組はいくつもある。

M-1が無かった時期の空白期間に比べれば、全然いい。

第七世代ブームが落ち着いても、逆にその上の世代が出ている。

どのバラエティ番組も芸人が出ている。

ただ、世間がお笑いを求めているというのは、そこまでいい事ではないかもしれない。

お笑いというのは、あくまで一時の癒しだ。

リアルな現実が報われない時代だからこそ、人はお笑いを求めるのだと思う。

だからこそ、価値があると言えるのかもしれないが。

「松本人志に会いたいか?」と「お笑いの自主練習方法」について

僕は松本人志が大好きだが、基本的には会いたくない。

僕が好きなのは「松本人志の面白さ」であって、「松本人志本人の全て」ではない。

だから、ワイドナショーでちゃんとした話題(政治や戦争など)について、真面目に語っている松ちゃんを嫌いではないが、そのこと自体に全く興味がない。

松ちゃんの、過去も家族もプライベートも趣味も、はっきり言ってどうでもいい。

それを面白おかしく語ってくれるから好きなのであって、そのこと自体は興味がわかない。

だから、松ちゃんに会うにしても、ただ会うだけなら別にいらない。

新幹線などで偶然乗り合わせて、握手したりサインしてもらったり写真を撮ってもらったりなんて、全くしてもらいたいと思わない。

それなら、テレビで見てる方がいい。

何か面白いことを言って僕を笑わしてくれるとか、僕の培ったお笑い論みたいなものを合ってるか聞けるなら、会ってみたい。

たぶん野球がめっちゃ好きな人も、大谷翔平に会いたいとは特に思わないだろう。

会ってちゃんと話が出来るとか160キロの球を投げてくれるとかなら、別だろうが。

あまり関係ないことだが、昔、松本人志が「お笑いはテレビ見ながらツッコんでるだけでも練習になる」と言っていた。

正論だ。

別にNSCに入らずとも、そういうお笑いの鍛錬は出来る。

そういうやり方をすれば世の中の全てが大喜利みたいなもので、「自分でお題を作って答える」のだから。

ただ、それが出来るのはある程度のお笑いの習熟者だけだろう。

大喜利というのは、明確な決まった答えというのがない。

だから1人でそんなことをやっていても、センスのないやつは一向に進歩しないだろう。

自分で思いついた大喜利の答えなんて、自分で採点を付けたら面白いとなるに決まってる。

つまらない大喜利の答えを出すやつは、その答えがつまらないと気が付くまでそれを出し続ける。

大喜利の面白い人は、面白い答えだけを思いつくわけじゃなくて、つまらない答えを瞬時に切り捨てる。

それがちゃんと出来るようにならないと、いくらお笑いの自主練習をしても、意味は無いだろう。

筋トレなら負荷を与えればどんなアホでも筋肉がつくが、お笑いの筋肉はそうではない。

例えるなら、将棋の藤井君レベルなら頭の中で詰将棋をしてるだけでも勉強になるだろうけど、駒の動き方もロクにわからない初心者が、いくら適当に動かしても無駄なだけだ。

そういうレベルの人は、ちゃんと自主練できるくらいになるまで、他人のものを見たり、他人に採点してもらわなければいけない。

「最初からセンスがある人」はその過程をすっ飛ばして、自分1人で面白くなれる。

そういう人には、世の中の全ての事がお笑いのチャンスに見えるのではないだろうか。

ただ、これをやり始めると、たぶんお笑いを純粋な目では見れなくなる。

「自分ならこうする」を延々と考えるとは、たぶんそういうことだ。

世の中には、お笑いを極めようとするそういう人たちが、存在するのだろう。

「お笑いには意味は無いこと」と「笑いとイジメの関係」について

これは僕の信条でもあるのだけど、お笑いには決して意味は無い。

お笑いの社会的意義みたいなことを言い出す人がいるけど、そんなものは基本、面白くない。

意味が無いから、面白いのだ。

そういうものを求めるなら、文学でもジャーナリズムにでも任せておけばいい話だ。

お笑いに、持ち込むべきものではない。

お笑いは、決してすべてがいいものではない。

だから、人も傷つけるし嫌な思いをさせることもある。

よく、イジメ問題でイジメとイジりの違いについて議論になることがある。

お笑い芸人のイジリは面白いからいいけど、素人のイジリはつまらないからダメみたいな感じだ。

はっきり言って、それはおかしいと思う。

それが笑いになろうが面白かろうが関係なく、やられた人が嫌だと感じたら、それはすべきでないだろう。

世の中の普通の人は、そこまでお笑いに人生を賭けていない。

「笑いになれば何言われてもいい」なんてのは、イカれた芸人とお笑い好きだけの観念だ。

仮にダウンタウンにイジられて笑いになったとしても、嫌だと感じたら嫌だろう。

だけど、その相手が素人なら別だが、プロならそれで金を貰って飯を食ってるんだから我慢しなければいけないだろう。

若いだけが取り柄のアイドルがバラエティ番組に出て、「イジられて嫌だ」とか言うのは、アホだと思う。

プロだから、嫌な思いをしても金を貰ってるんだから仕方がない。

問題は、素人で腕もないくせに他人をイジって笑いを取ろうとするやつらだ。

結局、そういうやつらは面白くない。

僕は、イジメっ子で本当に面白いやつというのを、ついぞ見たことがない。

そして自分で面白いと勘違いしてるアホだから、手に負えない。

よく見ればわかるが、イジメをやって笑ってるのはイジメっ子本人だけだ。

周りの人間には響いていないし、場を凍らせるだけだ。

そういうやつが、面白いわけがない。

ダウンタウンとんねるずパワハラやいじめでよく挙げられるが、彼らだって本当にシャレにならないことはしない。

ちゃんと逃げ道や助け舟を用意している。

僕は、面白い人の条件自体が、いい人間や優しい人間でもある事だと思っている。

「最近のお笑いの若手のレベルの高さ」と「どうやったら面白くなるのか」について

今の芸人は、めっちゃレベルが高い。

川島や、千鳥や、かまいたちみたいな売れっ子は、当たり前だ。

見取り図・盛山や、さらば青春の光・森田や、ニューヨーク・屋敷くらいでも、かなり面白い。

こいつらが30年前だったら、天才扱いだろう。

ごっつええ感じくらいの時でも、本当に面白いといえるのは、ダウンタウンと板尾くらいだった。

今じゃ、そのレベルの芸人は、たくさんとは言えないが、そこそこはいる。

松本人志が「俺より面白い芸人はもう出て来ている」と言っていたが、それは本当だろう。

30歳の頃の松本人志より、今の粗品の方が上かもしれない。

じゃあなんで、そんなに面白いやつらが騒がれないのか。

ダウンタウンの若い頃みたいな異常な騒がれ方は、もうない。

それは単純で、客の見るレベルも上がったからだ。

と言っても、見ている客の全員が同じように進歩したわけではない。

相変わらず、昔の価値観で止まっている人は存在する。

と言うか、どっちかと言えば大衆の大半はそっち側だろう。

見てる人の中で、ちゃんと理解して言語化して評価できているようなお笑いレベルの高い人は、1割にも満たないんじゃないか。

だから毎回賞レース後には、そういう人たちの間で言い合いが起こるのだろう。

そもそも「お笑いに対する理解のレベル」が人によって違うのだから、嚙み合う訳がない。

ただまあ、どんな人でも知識量が増えることによって、少しは進歩する。

というわけで、特にM-1以後は客の見る目と演者との追いかけっこだ。

少し話がずれたが、なぜ面白い人間が出てくるのかを考えてみたい。

どうやって、面白い人が出来上がるのかだ。

ネタは別にして、例えばトークでどう答えたら面白くなるかなんていうのは、最終的には経験だ。

センスがあっても、経験値が無ければ難しい。

つまり面白いやつらが集まって、みんなで答え合わせをするというのが、1番手っ取り早い。

NSCや若手の芸人でも、面白いやつらは大体面白いやつら同士でつるむ。

それが1番楽しいし、張り合いがあるし、勉強にもなる。

だから平場のトークでは、結局そういうところで育ってきた吉本芸人が強いのだろう。

吉本以外では、そういう場はあまり聞かない。

だからネタは出来ても、トークは・・・という事が多いのだろうと思う。

養成所に入っても、講師からネタにダメ出しされることにたいしては、そんなに意味が無い。

ただ、そういう意味でお笑い仲間を作れることにだけは、意味があると思う。

「お笑いの男女の差」と「フェミニズムの影響」について

お笑いには、基本的に国籍も性別も容姿も関係がない。

面白いことを言ったもの勝ちだ。

ただ、お笑いレベルの差というのはある。

個人差はあっても、関東より関西の人の方が平均レベルは高いだろう。

その中でも、1番大きいのが性差だろう。

まず僕が思うのは、能力差よりも環境差が大きいのだと思う。

男と女では、ことお笑いに関しては、環境が全然違う。

ある特定の男子の社会では、「面白いやつが1番偉い」みたいな風潮がある。

偉いというか、その場で笑いを取れるやつが自然にリスペクトされるというか。

たぶん本当に面白いやつが熟成されるのは、そういう場所なんだと思う。

そしてそういう場所に女が入ることは、通常あまりない。

なぜなら、女が入った時点で、「男は少なからずカッコつけるから」だ。

普段は男子と変わらないような扱いをされてるような女子でも、いるだけで意識してしまうのが男だ。

女子がいる場所だと、「モテたい」という気持ちが「笑われることは恥ずかしい」となる。

「カッコつけた笑い」が必ずしもつまらないとは限らないが、笑いとしての精度は落ちる。

「男子だけの部室」と「男女両方入り乱れた教室」を想像して欲しい。

その2つでは、言えることの範囲が全然違う。

男子だけのコミュニティの中でも、だいたい面白いやつは面白いやつ同士で群れるので、その中で切磋琢磨してお笑いが上手くなる。

半分、「お笑いの予選会」でもある。

そういうところで勝ち上がって自信をつけたやつがおそらくNSCに入ってくるので、男の平均レベルは上がる。

逆に僕は、女子だけの空間というのを知らない。

ただ、噂に聞く限り、面白い人が一目置かれる場所ではないことは予想できる。

それだけでも、お笑いにおいては女子は男子よりもハンデがある。

競争がない所で1人で伸びるのは、ものすごく難しい。

日本よりブラジルの方が、競争率が高いからサッカーが強くて当たり前みたいな話だ。

もし本当に「将来、お笑い芸人になりたい」と思ってる女の子がいるとしたら、今すぐ女子グループを飛び出して、面白い男子たちに入れてもらう方がいいだろう。

また、教育の面でも女子は男子よりも不利だ。

これはよくいう事だが、「おしとやかにしなさい」とか「女の子らしく」みたいなことだ。

まあ自分の娘が面白いことに興味を持って奇行に走ったら、誰でもそう言うよね。

息子でも言うかもしれないけど、男ならそこまできつくは言われない気もするし。

男よりも女の方が面白い人が少ないというのは、そういう事なんじゃないかなと思っている。

「お笑いの天才とは何か」と「自分のやりたい笑いをやるべきか」について

様々な分野に、天才という人たちがいる。

僕は、お笑いの天才について語りたい。

お笑いの天才というのは、どういう人たちだと思うか。

それについて、あくまで個人的な見解を言いたい。

端的に言うと、僕が思う笑いの天才とは、「自分のやりたいことをやって売れる人」だ。

つまり、自分が面白いと思うことをやって、客を面白がらせることが出来る。

はっきり言ってこれは、最高だ。

だって、自分でもそれをやって楽しい上に、大金が貰えて、人から褒められる。

しかも天才には、「時代に合わせる」とか「客に合わせる」ことをする必要が無い。

むしろ、「客の方が俺に合わせろ。俺について来い」と、胸を張って言える。

なぜなら彼らは、紛れもなく面白いからだ。

世の「芸人になりたい」と言う志望者も、本当はなりたいのは、こういう天才芸人だろう。

そりゃ、そうだ。

だって天才には、苦悩も葛藤もない。

「ネタ作りを頑張った」くらいの苦労しかないだろう。

ただ、勉強してもめちゃめちゃ努力しても、誰もが天才になれるわけじゃない。

もちろん芸人を始めるときは、誰もが自分の才能を信じてる。

その間は、本当に好きにやってみるといい。

それで色々やってみた結果、自分が天才じゃないと気付いてからが本当の勝負だ。

大半の「売れてる芸人」も、最初から自分の笑いが通用した本当の天才なんていうのは、稀だ。

大体は元々才能があったのだろうけど、時間はかかっている。

世間に通用する形にアジャストするまで、本人なりに苦悩した結果だろう。

よく、本当に売れない芸人で、全くウケていないのに「自分の笑いを貫く」みたいなことを言う人がいる。

養成所で、そういうやつはよく見かけた。

別に本人の好きにすればいいが、そうやって現実を受け入れない限りは、売れることはないだろう。

自分の笑いを貫いていいのは、それで人を魅了することが出来る天才だけだ。

なぜウケないのかの原因を、考えなければいけない。

「笑いが正しく伝わっていないのか」

「そもそもそれが面白くないのか」

大体そういうことを考えるのを放棄した結果が、「客が悪い」「相方が悪い」なのだろう。

「やりたいことを貫く」というのは、一見カッコよく聞こえるけど、思考停止とも紙一重な事だと思う。

「芸人は若いうちから始めた方がいいか」と「緊張しない方法はあるのか」について

最近、お笑いについての事で、よく考えていることがある。

芸人を始めるには、最適なタイミングというのがあるのかという事だ。

「始めるなら早い方がいい」というのが一般論だと思う。

自分なりの見解はある。

例えば、目の前に芸人になりたいと言ってるやつがいるとする。

15歳の中卒なら、即やった方がいい。

若ければすぐにNSCに行った方がいい。

だって、その歳の人間には自分の力量なんて、わからないから。

逆に30歳のオッサンなら自分で考えた方がいい。

そこまで生きていれば、自分の面白さ、力量くらいわかるはずだから。

また、僕なりの早く始めた方がいい理由もある。

「羞恥心を取り除くため」だ。

普通の感覚を持ってる人間にとっては、舞台の上で大勢に注目されてる中で喋る事だけでも、かなり緊張する。

それに慣れる事が、最初は1番の課題だ。

ハリウッドザコシショウほどじゃなくても、客前で何をやっても動じないメンタルは、あった方がいい。

だけどそれは、実際に舞台に立ち続けることによってでしか、鍛えられない。

頭でどれだけ「俺は緊張しない」と念じたところで、ほとんど意味はない。

だったら、早めに始めた方がいい。

なぜなら、人生経験が浅めの方が、早く順応できると思うからだ。

「鉄は熱いうちに打て」じゃないけど、早めに芸人という仕事に慣れることは本当に重要だ。

「ちゃんとした社会経験」があればあるほど、人前でまったく躊躇せずに大声を上げることすら難しい。

いきなり出来るのは、ゴリゴリの体育会系の部活出身者くらいだろう。

引っ込み思案のシャイな性格のままそこそこの大人になってしまったら、そこから変えるのは容易ではない。

まああくまで芸人としては初歩の初歩の話だが、最初の関門でもある。

ウケないのはネタの出来よりも声の大きさだったり緊張してたりするせいだったりするのに、「自分には才能が無いのだ」と勘違いして辞めてしまう人もいる。

実は、それ以前の問題なのかもしれない。

ただ、慣れとはいっても無理なヤツには本当に無理だ。

ビビりは芸人には向いていない。

それ以外の事については、意外と芸人に年齢は関係ないような気もする。