レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「M-1におけるシステム漫才の必要性」と「お笑いにおける地力とは何か」について

この前のNHKの笑いの正体で、かまいたちM-1のシステム漫才について話していた。

それで思ったのだが、システム漫才についてちょっと書きたいことがある。

まず、明確にしておかなければいけないことがある。

漫才におけるシステムの必要性だ。

これは、漫才界全体において必要であるかの話ではない。

そんなものは、誰かが勝手にやってそれを評価するのだから、必要もへったくれもないだろう。

そうではなくて、個人における必要性だ。

つまりこれは、これを読んでいるあなただったり誰かが、「漫才をやろう」と思ったときに、システムを組む必要があるかどうかということだ。

結論から言うと、ただ面白い漫才をしたいだけなら、特に必要はない。

システムなんて組まなくても、面白い漫才は十分に出来る。

ただそれは、お笑いにおける強者にしか出来ない。

お笑いの強者というのはつまり、普通に喋っても面白いやつのことだ。

学生時代に主にクラスの人気者で、喋りも達者で、誰に教わったり考えたりもせずに普通にお笑いが出来るやつのことだ。

そういう「めちゃめちゃ面白い地力のあるやつ同士」が2人で組めば、特別なシステムなんてなくてもいい。

まあその典型が、「かまいたち」や「千鳥」だろう。

だから彼らは、いわゆる平場のトークでもめっちゃ強い。

つまりそういう人達にとっては、「平場のトークの延長線上にあるのが漫才」なわけだから、当然だ。

だけど、そういう人たち同士が組めることはそうない。

そういういわゆるお笑い強者じゃない弱者は、M-1で勝ち上がるためには何らかの策を講じなければいけない。

よく言われることだけど、「テンポを上げてボケ数を増やす」とかそういうことだ。

そういう実験を繰り返した先に誰かが新しい発見をしたのが、システム漫才ということなのだろう。

M-1の決勝はレベルが上がり過ぎて、今は何らかのシステムを組んだやつか、地力がめちゃめちゃ強いやつしか上がってこれなくなった。

本当の初期のM-1は、笑い飯以外はほぼ地力勝負な傾向が強かった。

今や1部の天才を除いては、M-1では普通の漫才じゃウケないと言っても過言ではない。

ファッションにおける最新モードみたいなものだ。

見取り図みたいなずば抜けたワードセンスでもない限り、普通の漫才でちょっと強いくらいのやつだと決勝ではまあまあスベる。

そういう中で審査しなきゃいけない審査員は、本当に難しいだろう。

「何を基準にすべきか」みたいなみたいなところから、人それぞれ違う。

「古き良き漫才らしさ」なのか「目新しい斬新さ」なのかによっても変わってくる。

ただ、単純に見てる方からしたら、毎年どんな新しいものが出てくるか、楽しみではある。

笑いの正体を見て感じた「松本人志の笑い」と「お笑いの理論と実践の違い」について

「笑いの正体」というNHKでやっていた番組を見た。

正直に言って、タイトルから想像したものとはかなり違っていた。

もっとお笑いの構造などを分析するのかと思っていたら、過去の歴史のおさらい的要素が強かった。

端的に言うと、「ダウンタウンが笑いを変えた!M-1が漫才を発展させた!」という内容だった。

VTRで松本人志が自分のお笑い観を語るところくらいは、見る価値があったと思う。

それ以外は正直言うと、松本人志信者でほぼDVDも本も買い漁った僕からしたら、特に目新しい情報もなかった。

それに、お笑いにおいて今さらそこまで古い歴史を遡って知ることに、あまり意味はない。

ただのお笑いマニアの知識の満足を満たすだけで、これからお笑いをやりたいと思っている若者が見ても、特に有用ではないだろう。

ダウンタウンがいかに凄かろうと、今の時代にyoutube等で当時の彼らの漫才を見ても、当時のような衝撃は受けないだろう。

事実、僕はyoutubeで初めて見た時に、そんなに凄いとは思えなかった。

僕も34歳で、ダウンタウンの衝撃を知らない世代だ。

初めてちゃんと漫才を見たのはM-1の第1回で、松本人志は審査員をやっていた。

その時点で世に出ていた漫才師は、ほぼ全員ダウンタウンを見て、さらに発展させた人達だろう。

今の時代にビートルズを聴いて、斬新な音楽だ!と思う人はいない。

手塚治虫の漫画を読んで、こんな漫画読んだことない!と思う人はいない。

先駆者とは、その後の人たちのベースになるのだから。

革命後に生まれた人にとっては、現政権下が当たり前になる。

松本人志は凄い」とは思うが、かと言って「知っていること」にたいした意味はない、という事だ。

今、漫才を見て勉強するなら、ダウンタウンを見るよりも、今の面白い漫才師を見て学ぶ方がより実践的だ。

それよりも、自分で作り始める方が先にすべきだとは思うが。

番組の最期の方で、「次の新しい笑いは・・・」みたいな話をしていたが、作る側のプレイヤーには、そんな気持ちは必要ない。

そういうことを言うのは、常に外野の人間だ。

ダウンタウンだってツービートだって、「今にはない新しい笑いの形を」とは思ってなかったはずだ。

結果的に、そういうものが見つかったというだけだ。

松本人志は今の漫才には方法論が確立されていると言っていたが、おそらくそれは松本にはそれが見えているだけだろう。

何となくでもそれが見えている漫才師って、かなり少ないと思う。

また、見えたとしてもそれを使えるかどうかは別問題だ。

漫才というのは割とフィジカルゲー的な要素もあるので、出来ない人にはどうしてもできない。

かまいたちみたいな2人とも達者だから、出来る幅が広いという事もある。

少し話がずれたが、期待とは違う感じではあったが、面白い番組ではあったと思う。

ダウンタウンDXを見て思った「地下芸人とは何なのか」について

先週の話だが、ダウンタウンDXの地下芸人特集を見た。

面白かったが、あれで本当に地下とは何なのかが伝わっているのかな?と思った。

あそこに出ていたのは、地上に上がった元地下の芸人だ。

あれを見て、地下芸人は地上では出来ない尖った笑いをやってる芸人だと思ってもらっては困る。

それは本当に地下の上澄みのやつらだけだ。

大抵の地下芸人は、本当に意味が分からないか、地上の劣化版の笑いをやっている。

つまり、地下にいるべくしている芸人だ

インディーズのお笑いライブというのは、本当の意味でピンキリだ。

そして、9割がキリの方のつまらない芸人だ。

だって、芸人なんていうものは、始めるのもやめるのも自由だから。

免許がないんだから、誰が名乗っても許される。

僕や、今これを読んでいるあなたでも、今すぐ参加費さえ払えばエントリーできるお笑いライブというのが、存在する。

ほとんどが事務所ライブみたいな事前のネタ見せがないのだから、何をしようと自由だ。

だから、とんでもなくつまらない芸人も出てくる。

学芸会レベルならマシで、何を笑えばいいのかわからないのもある。

人がつまらないと感じるのは、大まかに2種類の原因があると思う。

「センスがない」と「意味が分からない」だ。

最初から面白いと言われるエリートの芸人は、最初から「センスがあって」「客に意味を通じる」ことが出来る人たちだ。

センスがない芸というのは、つまり親父ギャグみたいなものだ。

使い古された、本当に誰でも思いつくようなやつだ。

何を言いたいのかはわかるけど、そんなもので今どき誰が笑うのだという、時代遅れのものだ。

ただ、本当に笑いのセンスがない人が頑張ってセンスを身に着けるのは、かなり難しいと思う。

なぜなら、本人はそれが面白い事だと思ってやっているのだから。

自分のセンスを疑うという事がない限り、改善しようという気にならないだろう。

だが、芸人になりたいと思うやつは簡単にはそれを認めないだろう。

また、センスを身に付ける方法も不明確だ。

お笑いを見まくればいいわけでもなく、明確な勉強法もない。

ただ、それでも面白くなりたいなら、するしかない。

それに比べたら、意味が分からないというのは、まだマシと言えるかもしれない。

そこには、センスはあるけどそれが正しく伝えられていないだけという可能性がある。

長く地下にいて燻ぶってた連中も、大半はこのパターンだろう。

面白さの種を持っている人でも、それを使ってちゃんとしたネタを作れるようになるには、大体時間がかかる。

1番地獄なのは、「センスも無ければ意味も分からないことやっている」人たちだ。

NSCに入る人間の大抵は、そういう人たちだろう。

まあ、正確に自分のウケない理由を分析できる人間なんて、そうはいない。

売れない芸人にわざわざ親身になってちゃんとしたアドバイスをしてくれる人なんてのは、まあいない。

何が言いたいのかというと、地下というのはそんなに尖ったお笑いが見れるいいものがそろっているというわけではない、という事だ。

アメトークの「第七世代、その後…」を見て思った「第七世代とは何だったのか」について

先週のアメトークの「第七世代、その後…」を見た。

まあ見た人はわかるだろうけど、第七世代という一つのブームが終わりかけてるという内容だった。

第七世代とは、結局何だったのか。

前々からわかっていたけど、今になって更に思うことは、第七世代というのは「霜降り明星」と「霜降り以外」に分けて考えるべきということだ。

早熟の天才の売れるべくして売れた霜降り明星と、それ以外の第七ブームによって売れた他の若手の2種類だ。

これは僕が思うことだけれど、はっきり言って、お笑いに関しては「年齢でくくる」ということに、あんまり意味はない。

出来るやつは若くても面白いし、出来ないやつはどれだけベテランでもつまらない。

だけどそれは、あくまで突出した才能、つまり天才の場合だ。

ほとんどの天才じゃないやつらは、キャリアによって磨くしかない。

経験によって「どうすれば客が面白がる」のかを肌で感じて、修正していくのだ。

というか、今テレビに出て面白いとされてるベテラン芸人も、最初から理由もなく出来たという天才じゃない。

その初期のチューニングの期間を、下積み期間という。

天才じゃない霜降り以外の第七世代は、その下積み期間が短いのだから、面白い事が言えなくても当然だ。

まあ、世の中のお笑い好きが、「第七世代つまらない」と言っていたのも理解は出来る。

自分をちょっと面白いと思っている人間なら、「俺にも四千頭身くらいのことは出来るんじゃねーの?」と思うだろう。

石橋が、6.5世代が第七つまらないと言って蹴落としたせいだみたいなこと言ってたけど、本質は全然違う。

ある意味、テレビ界が盛り上げるために作り上げたブームが終わって、通常状態に戻っただけだ。

本当だったら、もっと早く売れておかしくなかった今の第七より面白い上の世代に、仕事が戻っただけとも言える。

賞レースでも、今のところちゃんと結果を出してる第七世代って、霜降りとハナコだけだ。

厳密に言えばマミィもかが屋もそうかもしれないが、第七の恩恵を受けているかと言えば、正直って微妙だ。

今までの第七ブームの記憶をリセットして、ちゃんと面白くなるために精進する。

たぶんその事を本人たちがちゃんと理解して、向き合えるかどうかがこの後どうなるかを決めるんだろうなと思う。

「ニートに対して思うこと」と「自分の人生の尊さ」について

ニートが増えている。

2020年には過去最多の87万人になったという。

みなさんは、これを聞いてどう思うのだろうか。

僕は、正直に言ってどうでもいい。

もちろん僕も、ニートが好きかどうかと聞かれたら、好きではない。

働かない上に、働く気もないのだから。

「じゃあ、ニートの何が悪いの?」と問われたら、僕には答えられない。

それは紛れもなくそいつの人生であって、僕の人生ではないんだから、それを変えようとする義理もない。

ただ、引きこもった人生には、「自分自身で得たもの」が何もないことは事実だ。

いかにテレビも見て世の中の事を知った気になっても、ネットに書き込んで何かをなした気になっても、そんなものは無価値だ。

何度でも言うが、僕は「だから、外に出ろ」なんてことは言わない。

世のしたり顔の大人は、「外の世界に出たら楽しい。いい事がある」みたいな嘘を、平気で言う。

だけど大人は、ニートを部屋から出すために、自分たちですら本当は思っていない嘘を平気で言う。

だから、ますます周りを信用できなくするのだ。

そんなもの、嘘に決まっていると、誰でもわかる。

そこそこの年齢になれば、「そんなことが世の中にあるわけがない」ことくらい、誰でもわかる。

はっきり言って、世の中にはつらい事や嫌な事が多い。

いい事よりも、絶対に嫌だなと思うことの方が多い。

ただ、マイナスを恐れていたら、プラスも得られないのだから、仕方がない。

失点を恐れていたら、得点の機会すらないのだ。

引きこもるという事は、プラスもマイナスもないゼロだ。

それで本人がその人生に納得するなら、それでもいい。

ただ、何となく「働かずに遊んで生きていけて最高じゃん」と思っているとしたら、大間違いだ。

苦しみもないが、心からの喜びを得る機会も失っている。

そのことに気付いた時に、絶対に後悔するはずなのだ。

「いつまでも あると思うな 親と金」という言葉がある。

半分正解で、半分間違いだ。

親は、絶対にいつかなくなる。

金は、なくなるかどうかわからない。

失った以上の金が入ってくる可能性だってある。

本当に絶対に無くなるのは、親と時間だ。

何をしたところで、自分の生きることが出来る時間だけは、確実に失う。

だからこそ、自分の人生は尊い

なので、人生を無駄にしているニートには、単純に腹が立つのだ。

他人のことだから関係ないとは言え、蛇口の水を無意味に出しっぱなしにしてるのを見ると、気分が悪くなるのと一緒だ。

僕は、自分の人生を一瞬でも、無駄にしたくはない。

長く生きたいとは思わないが、「何もなかった」と死ぬときに思うような人生にしたくない。

ただそのためだけに、ずっと何かを探し続けるのだ。

「読書を薦める理由」と「なぜ読書は流行らないのか」について

最初に言っておくが、僕は生粋の読書家ではない。

ちゃんとした本を読み始めたのは、20代後半のアラサーになってからだ。

せいぜい読書歴は5年位で、その間の読書量も質も、特に人に誇れるようなものじゃない。

そして、僕は本を読まなかったことを、今は後悔している。

本を読むようになって、初めて「世の中にはこんなものがあったのか」とわかった。

子供の頃は、童話レベルの本をめちゃくちゃ読んでいた。

たぶん10歳くらいまでの読書量は、同年代でもトップクラスだったと思う。

なんでかって、小学校でまともに授業受けないで好きな本だけ読んでる頭のおかしい子供だったからだ。

ただ、徐々に読書熱もなくなって、普通の子供に近くなって、いつしか読まなくなった。

20年近く、趣味で読書はしなかった。

その間、僕は何をしていたのか。

友達とゲームをやったり、ネットに入り浸ったり、ギャンブルに手を出してみたりもした。

どれもその時は適度に楽しかったが、今思うとそんなものの快感なんて、僕にとっては屁みたいなものだ。

手軽に手を出せるものに出して、何となくの人生を生きていた。

僕は、僕みたいな人間が増えて欲しくない。

いや、僕は今の自分でも、「自分にとって読書は面白いものだ」と遅ればせながらでも気付けただけ、大分マシだと思っている。

ただ、子供の頃からずっと続けていたらとは言わないが、「もうちょっと早く気付く方法はあったのではないか」とは悔やんでいる。

勘違いしてほしくは無いが、僕は「全ての人は読書をすべきだ」なんて思っていない。

世の中には、そういうことに徹底的に向いていない人もいるだろう。

ただ、昔の僕みたいな「本当は読む素養があるのに、それに気付いていないだけの人」もいる。

そういう人が気付かないのは、不幸だし本当にもったいないと思う。

なぜ自分が読まなくなったのかも、今となっては少しわかる。

まず「今の自分が読むべき本」を探すことを怠っていたからだ。

それを見つける努力をしなかったからだ。

ただ、僕の周りには、そういうことを教えてくれる大人がいなかった。

親もそんなに読んでいなかったし、本棚には読みたいと思える本は無かった。

だから、自力でどうにかするしかなかった。

また、世の中には「読書を邪魔するような手軽な娯楽」が多すぎた。

読書の本当の味を知らない僕には、そっちの方に流れるのが自然だった。

ちゃんと読書をするには、そういう「誰でもできる娯楽の誘惑」を全て断ち切らなければ集中できない。

まあ、全てはただの言い訳だ。

もっと早く気付いていれば、おそらく僕の人生はもうちょっとマシに生きられただろう。

状況が変わるのではなく、気分の問題だ。

辛い時でも気持ちを強く、彩を持って、余裕をもって生きられたのではないだろうか。

別に今までの分を取り返そうなんて、思っちゃいない。

これからの人生の糧にすれば、それでいいと思っている。

「批評することに意味はあるのか」と「作る側に回りたいのなら薦めないということ」について

ネットを見ていると、ありとあらゆる言葉がある。

その中でも1番目に着くのは、「他人がしたことを批評する」ことだ。

別に、それ自体には良いも悪いもない。

認められてる行為だ。

しかし、批評するだけでは、それをした本人に成長は無い。

何かをしたいなら、そこに安寧していてはだめだ。

批評すれば、一見、自分がそれの作者より偉くなったように思える。

そんなのは錯覚だ。

どれだけそれが偉そうで理にかなっていそうでも、批評は「酒飲みながら野球選手に下手くそと怒鳴ってるオッサン」と、あまり変わらない。

ただちょっと、テクニックを覚えて上等に見えるだけだ。

ネットコミュニティの中で、ちょっと知識や批評眼があるやつは、そのアマチュアの中で尊敬されていたりする。

何の意味もない。

僕も経験があるが、サークル等でそこそこわかってる気の合った仲間と「プロの作品を批評してこき下ろすこと」は、間違いなく楽しい。

それがただの暇つぶしならいい。

ただ、気を付けないとそういう行為は「自分は何となくだけど、たぶん出来る」と勘違いさせる。

何者かになりたいのなら、見るのはいいが、上から批評するのはやめておけ。

鑑賞量と知識とそこそこの才能があれば、それらしい批評をこねくり回すことは、割と容易なことだ。

なぜなら、完璧な作品など存在しないのだから。

ネットで何百本も批評文を書くよりも、ブサイクでいいから作品を一つ仕上げることの方が、よっぽど制作者としてためになる。

駄作は明日の糧になる可能性があるが、批評からは何も生まれない。

批評能力を高めたところで、制作する時にそれを実際に使えるかどうかは全く別の話だ。

評論家や編集者みたいに、それ自体を生業にするのでない限り意味は少ない。

麓から山を眺めて、「あそこが難所だ」と言っていることに意味はない。

一歩ずつでも山に向かって登り始めた人間には、登頂できる可能性がある。

そのためには、たった一人、孤独で、誰とも馴れ合わずに突き進む意思が必要になるのだと思う。