レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

2022-02-15から1日間の記事一覧

匂いが引き起こす思い出とVR技術に関する考察

例えばあるひとつの匂いによって、瞬時にある記憶や感情が呼び起こされることがあるらしい。これは「嗅覚」が他の感覚器官とは違い、脳の中の感情を司る部分に直接送られ処理されるからだと言われている。つまり、匂いは思い出を呼び起こす。通学途中の、工…

クリスマスと「赤鼻のトナカイ」に対する思い出と疑問

個人的に以前から気になっているというか、腑に落ちないことがあります。 それは有名な童謡の「赤鼻のトナカイ」です。 この曲は、小学生の時によく学校で歌いました。 「赤鼻のトナカイさんは赤鼻で笑い者にされているけど、サンタのおじいさんが夜道では役…

僕の小学校の定番曲とイカロスの気持ちについて

僕が今でも覚えている子供の頃の曲で、「勇気一つを友にして」というのがあります。 この曲は僕のクラスの朝のホームルームの定番曲で、何百回と歌った記憶があります。 内容は「イカロスがロウで固めた鳥の羽根で空を飛ぶけど、太陽に近づきすぎて溶けて墜…

強豪運動部のなんだかなという思い出について

部活動の思い出。 僕は、学生時代卓球部でした。 もちろん、本気の卓球部じゃなく稲中のような卓球部です。 僕の母校には、当時一つだけ全国クラスの部活動がありました。 陸上部です。 僕が入学する前年の小6の時に、男子が中学駅伝で全国優勝、翌年の中1の…

最近買った本と無駄遣い癖が治らない

ついこの前、本を大量に買った。 近所の古本チェーン店が閉店するので、値引きセールをしていた。 本当にもう閉店間際だったので、80%オフになっていた。 とにかく後で読む可能性のありそうな本を片っ端から籠に入れていった。 会計は1333円、30冊近く買った…

特に人に言うほどでも自慢するほどでもないラジオの事

人に言いたいけどわざわざ言うほどじゃない事って、誰にでもあると思う。 僕は伊集院光のラジオのリスナーで、採用されたら貰えるカードを7枚持っている。 特に自慢するほどのものではない。 ラジオを聴き始めたのは、中学生の頃だった。 僕の部屋にテレビは…

老後の生活は田舎がいいか都会がいいかに対する考察

地方では、高齢化が進んでいる。 当たり前だ。 若者は都会に憧れる。 ただ、都会と田舎の格差も徐々に縮まっている気はする。 インターネット環境があれば大抵のことは出来る。 ただ、人がそれに対応していないだけだ。 僕の親も、未だに1人で満足にネットシ…

令和なのにガラケーだった話

つい数年前まで、ガラケーを使っていた。 令和になって少しして、思い切ってスマホに変えた。 特にガラケーにこだわっていたわけでもない。 ただ何となく変えそびれて、ずるずる先延ばしていたらそうなった。 携帯会社から頻繁にスマホの案内が送られて来て…

方言と子供の頃から染みついた環境の話

何となく体に染みついたものは、大人になっても忘れないのかもしれない。 方言もその一つだ。 上京してどんなに使わなくても、故郷に戻れば思い出す。 逆に、大人になってから方言を習得するのは難しい。 普通は、別に無理して覚える必要もない。覚えなけれ…

理想の祖父母像とおじいちゃんに関する思い出

天皇皇后両陛下は、日本の祖父母の理想像だ。 いや、今は上皇上皇后両陛下と言うべきか。 テレビに映る彼らの姿を見るたびに、こんなおじいちゃんおばあちゃんが欲しかった、と思う。 そこには、右翼も左翼も関係ないだろう。 まず、おばあちゃんは基本的に…

最期の晩餐に何を食べたいか?に対する考察

最後の晩餐は何を食べたいか。 よくある質問だ。 ストレートに好きな食べ物を聞くよりも、回答者の人生哲学がわかる気がする。 しかし、本当にそうだろうか。 最後の晩餐と言うことは、死の直前の食事だ。 果たして、それを選ぶ余裕があるのか。 事故などの…

暇な時に読み返すのに向いている漫画と向いていない漫画の違い

なぜ、人はドラゴンボールを読み返したくなるのか。 しかも、決まって読み返すのはサイヤ人襲来からナメック星までの間だ。 何十回と読んでいるので、話の展開どころかセリフもほぼ覚えてしまっている。 時には、終わるタイミングを見失ってセル編も読む。 …

日本のアニメ漫画文化に対する思い出と妄想

日本の漫画・アニメは世界に誇れるものだ。 よく、そう耳にする。 僕が高校の時に、英語の授業にELTで外国人教師が1人ついていた。 大柄な男で、たぶんアメリカ人だった。 その人が、最初の自己紹介で少女革命ウテナが好きと言った。 アニメオタクだったのだ…

ヤンキーに絡まれそうになった恐怖体験

健康とは程遠い生活をしている。 食べる物にも気を使うことはほとんどない。 唯一、夜中に1時間ほど近所の河川敷サイクリングを日課にしている。 自分に対する言い訳だ。 半年ほど前から、毎日欠かさずにしている。 毎日同じコースなので、いつもと違う事に…

もし好きな漫画やアニメの世界に入れるならに対する考察

もし漫画やアニメの世界に入れるなら、どの作品がいいか。 人それぞれ、自分のお気に入りの作品があるだろう。 しかし、気を付けなければいけないことがある。 どの作品に入ったところで、自分は自分だ。 凄い魔法が使えるようになるわけでも無ければ、超人…

無人島に1つだけ持って行くものについての考察

無人島に1つだけ物を持って行くなら、何にするか。 誰でも知っている質問だ。 それは、極限状態に追い込まれた人間の選択だ。 チョイスのセンスよりも、どう生きるかの問題。 まず、前提となる無人島の設定が問題だ。 ヤシの木1本だけの小島では、どう足掻…

未確認生物を見たと言い張ることについての考察

河童やUFO、幽霊を見たと言う人が、たまにいる。 自分はそういう人を軽はずみに否定できない。 自分も、正体不明の生き物を見た事があるからだ。 ただ、その事を他人に言ったことはない。 それを何にカテゴライズすればいいのかわからないからだ。 中学生の…

マイルドヤンキーと中学生時代の思い出と

本物のヤンキーを見た事が無い。 たぶん、今はもう北九州の一部にしか生息しない幻の生物なのだろう。 その他の地方におけるヤンキーは、ほぼ全てマイルドヤンキーだ。 彼らは改造制服も着ないし、リーゼントにもしない。 漫画みたいに勝手に学校の威信を賭…

30人31脚と子供の頃の放課後の思い出

子供の頃の、特に何でもない思い出。 放課後に校庭で遊んでいたら、体育館で上級生が30人31脚の練習をしていた。 その頃は、軽く30人31脚ブームだった。 毎年、全国大会が開かれてテレビで人気を博していた。 僕はその練習を見て複雑だった。 来年、自分がや…

自分が流行に乗れない理由を考える

ヒカキンのYoutube見た事ない。 何の自慢にもならない。 世の中には僕のような人間が、一体何人くらいいるのか。 もちろんテレビ等でヒカキンの顔は知っている。 Youtubeも日常的に使っている。 じゃあなぜ見ないのか。 理由は簡単、見るのが怖いからだ。 世…

親ガチャ問題から自分の育った環境について

親ガチャという言葉が流行っている。 子供目線で、生まれてくるときに親ガチャ外したわー、とか言い合うのだそうだ。 まあわからなくもない。 それが全てではないけど、環境によって人生は変わってくるだろう。 僕の親はサラリーマンで、ただの中流家庭だっ…

映画館のトイレ問題とそれに関する考察

映画館では出来れば、集中して映画を見たい。 しかし、それを妨げる困難がある。 その一つが、トイレ問題だ。 2時間をスクリーンの前で耐え切るのは至難の業だ。 最初からある程度は諦めて、どこでトイレに行くかを伺うという考えもある。 行くのだったら終…

ネット黎明期の思い出と現在に思う事

いつからインターネットを始めたか。 小学校高学年の頃に、初めて家にパソコンが来た時だ。 おそらく90年代後半。早くもないが遅くもないと思う。 小学校にもパソコン自体はあったが、ネットには繋がらずゲームしか出来なかった。 確か当時は電話回線を使っ…

ドラえもんがのび太をダメにする

ドラえもんは理想の友達だ。 のび太にとっては、いつも話し相手になってくれて、おまけに優しい。 頼めばどんなアイテムでも出してくれる。 しかし待って欲しい。ドラえもんがのび太の元にやって来た目的は何だったろう。 そう、セワシが送り込んできたのだ…

ニュースのAD呼称問題について思ったこと

最近、ニュースを見ていて気になるものがあった。 テレビ番組制作のAD(アシスタントディレクター)が差別を助長するので、呼び方を変えようというものだ。 僕は、20代の頃にADとして短い間、働いていた。 これはたぶん、ADの離職率の高さを知ったテレビ局…

夏休みのポスターと読書感想文の思い出

小学生にとって、夏休みの終わりに必ず苦しめられるものがある。 夏休みの宿題である。 遊び惚けていた怠惰な子供は、その代償を払わなければいけない。 アリとキリギリスそのものだ。 その中でも僕が覚えているのは、明るい社会づくりポスターと読書感想文…

動物に例えるなら自分は何?に対する正解とは

自分を動物に例えるなら何か。定番の質問だ。 僕は辰年生まれ、水瓶座、動物占いはペガサスである。 いずれも空想上の生き物だ。水瓶に至っては動物ですらない。 僕は今まで、この質問の答えでしっくりいった事が無い。 そもそもこの質問は、何を見ているの…

ディズニーランドで迷子になった思い出

ディズニーランドにはたぶん、8回くらい行っている。 田舎とは言え千葉県なので、小学生の時は家族旅行、学校、地域の児童会などで毎年1回は行っていた。 最後に行ったのは、中学の卒業記念だった。 思い出してみてそれらが楽しかったかと言われると、正直言…

ツイッターのトレンドとネットニュースの中毒性

やめなきゃいけないとわかっているけれど、やめられない。 ツイッターのトレンドとネットニュース巡りだ。 毎秒、更新されていく記事。興味をくすぐるタイトル。 気付けば数時間経っていることも珍しくない。 そして何が残るのか。何も残らない。 少し芸能事…

子供の頃の振り返ると恥ずかしい思い出

今になって振り返ると、なぜあんなことをしていたのだろうと思う事がある。 小学校低学年の頃、授業を受けていた記憶が無い。 ほぼずっと、図書室に入り浸って本を読んでいたからだ。 休み時間も授業時間も関係なかった。ずっと本を読んでいた。 なぜなら、…