レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

時事問題など

「M-1におけるシステム漫才の必要性」と「お笑いにおける地力とは何か」について

この前のNHKの笑いの正体で、かまいたちがM-1のシステム漫才について話していた。 それで思ったのだが、システム漫才についてちょっと書きたいことがある。 まず、明確にしておかなければいけないことがある。 漫才におけるシステムの必要性だ。 これは、漫…

ダウンタウンDXを見て思った「地下芸人とは何なのか」について

先週の話だが、ダウンタウンDXの地下芸人特集を見た。 面白かったが、あれで本当に地下とは何なのかが伝わっているのかな?と思った。 あそこに出ていたのは、地上に上がった元地下の芸人だ。 あれを見て、地下芸人は地上では出来ない尖った笑いをやってる芸…

アメトークの「第七世代、その後…」を見て思った「第七世代とは何だったのか」について

先週のアメトークの「第七世代、その後…」を見た。 まあ見た人はわかるだろうけど、第七世代という一つのブームが終わりかけてるという内容だった。 第七世代とは、結局何だったのか。 前々からわかっていたけど、今になって更に思うことは、第七世代という…

「ニートに対して思うこと」と「自分の人生の尊さ」について

ニートが増えている。 2020年には過去最多の87万人になったという。 みなさんは、これを聞いてどう思うのだろうか。 僕は、正直に言ってどうでもいい。 もちろん僕も、ニートが好きかどうかと聞かれたら、好きではない。 働かない上に、働く気もないのだから…

「ロシアウクライナ戦争」と「棒を持った化け物と悪魔」の話

皆さんは、日々どうやって、世の中の出来事と付き合っていますか? 今は、どこを見てもロシアとウクライナの話ばかりですよ。ね 僕はそれが始まって以来、twitterもヤフコメもテレビのワイドショーも、極力見ないようにしています。 それは、どうしてなのか…

「コロナのニュースから離れること」と「あえて考えないようにすること」について

僕は、ニュースをあまり見ない。 欠かさず見ているのは、ワイドナショーとニュースキャスターだけ。 それも、「松本とたけしのコメント」が聞きたいだけで、ニュース自体には興味が無い。 なんで、こうなったのか。 端的に言うと、コロナのせいだ。 いや、「…

渡部の復帰と白黒アンジャッシュを見て思ったこと

千葉県民なので、白黒アンジャッシュを見た。 そこで、見て思ったことを書いていこうと思う。 渡部は終始、下を向いてうなだれていた。 児嶋が一人で話す時間が長かった。 それを見ている内に、何故か知らないけど腹が立ってきた。 自分でも何にイラついてい…

藤井や大谷、羽生の報道から感じる、性格がいいと認められることの怖さ

藤井聡太、大谷翔平、羽生結弦。もちろんこの人達は偉大だ。成し遂げた功績は称賛されるべきだ。しかし、この人達に対する報道を見ていると、少し違和感を感じることがある。人格や行動まで含めて、概ね全て肯定されている。ワイドショーのコメンテーターは…

匂いが引き起こす思い出とVR技術に関する考察

例えばあるひとつの匂いによって、瞬時にある記憶や感情が呼び起こされることがあるらしい。これは「嗅覚」が他の感覚器官とは違い、脳の中の感情を司る部分に直接送られ処理されるからだと言われている。つまり、匂いは思い出を呼び起こす。通学途中の、工…

自分が流行に乗れない理由を考える

ヒカキンのYoutube見た事ない。 何の自慢にもならない。 世の中には僕のような人間が、一体何人くらいいるのか。 もちろんテレビ等でヒカキンの顔は知っている。 Youtubeも日常的に使っている。 じゃあなぜ見ないのか。 理由は簡単、見るのが怖いからだ。 世…

親ガチャ問題から自分の育った環境について

親ガチャという言葉が流行っている。 子供目線で、生まれてくるときに親ガチャ外したわー、とか言い合うのだそうだ。 まあわからなくもない。 それが全てではないけど、環境によって人生は変わってくるだろう。 僕の親はサラリーマンで、ただの中流家庭だっ…

ニュースのAD呼称問題について思ったこと

最近、ニュースを見ていて気になるものがあった。 テレビ番組制作のAD(アシスタントディレクター)が差別を助長するので、呼び方を変えようというものだ。 僕は、20代の頃にADとして短い間、働いていた。 これはたぶん、ADの離職率の高さを知ったテレビ局…

ツイッターのトレンドとネットニュースの中毒性

やめなきゃいけないとわかっているけれど、やめられない。 ツイッターのトレンドとネットニュース巡りだ。 毎秒、更新されていく記事。興味をくすぐるタイトル。 気付けば数時間経っていることも珍しくない。 そして何が残るのか。何も残らない。 少し芸能事…

そんなに働きたくないと思う理由とベーシックインカムについて

ベーシックインカムという言葉を、最近たまに耳にするようになった。 要は税金から生きるための最低限度のお金を全員に配るから、無理に働く必要は無いよ、ということだと理解している。 理屈としては正しいと思う。 常に最低限の保障さえあれば、いつクビに…

太陽光発電の流行とそれに付随するトラブル

近頃、太陽光発電が盛んになってきている。 クリーンエネルギーに頼るのは、おそらくいい事なのだろう。 僕の家の近くでも、空き地だった場所にソーラーパネルが設置されているのをよく見かけるようになった。 数年前、実家の裏の空き地だった場所に、ソーラ…

サッカークラブの新スタジアム建設とサポーターの寂しさ

一人で行動するのは、割と好きだ。 そこに行けば、なぜか落ち着くといった場所である。 僕にとってそれは、サッカー場だ。 県立カシマサッカースタジアム。J1鹿島アントラーズの本拠地。 僕の家からは車で1時間もかからないので、頻繁に試合を観に行っている…

北京オリンピックの開会式を見て、改めて感じたこと

冬季北京五輪の開会式を見た。 普段ならあまり興味は無いけど、東京五輪からの流れで興味を持って見た。 結論から言うと、超フツーだった。ノーマル中のノーマル。つまらない、滑ってると思うところは無かった。ただし、面白いと思うところも無かった。 世の…