レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

趣味

あえてR-1の「芸歴10年以内制限」を擁護してみる&R-1の感想

R-1グランプリ2022を見た。 内容で語りたいことが無いわけではないけど、それは後にする。 まずは去年から出来た、「R-1の芸歴10年以内制限」について言いたい。 この制限、いわゆるお笑い界隈の人の話を聞くと、そんなに良い印象を受けない。 と言うか、ぶ…

プロサッカー選手から考える、本当の「人間としての良さ」とは何か

プロサッカー選手に、悪い奴はいない。 僕はそう思っている。 僕が言っているのは、「人柄がいい」とか「優しい」とかいう意味の、良い悪いではない。 サッカー選手には、「試合中にキレて暴力を振るう」やつもいれば、「性犯罪を犯す」やつもいる。 そうい…

僕のマドリー愛とサッカーの「美しさ」について【21/22リーガ第23節 レアル・マドリード対アラベス】

海外サッカーを、割と見ている。 その中でも僕は、レアル・マドリードが好きだ。 たぶん、10年以上は見続けている。 それは、クリスティアーノ・ロナウドが移籍して来てからだ。 ロナウドが好きだった理由も、単純だ。 自分と同じ誕生日だったから。 そうい…

現代センターバック論とその穴埋めについて【2022 J1第1節 鹿島アントラーズ対ガンバ大阪 】

現代サッカーにおいて、特に顕著に変わりつつあるものがある。 センターバックのビルドアップ能力だ。 もちろん、ディフェンダーには高さ、速さ、対人の強さ等は必須だ。 しかしその上で、上手さが無ければ上には上がっていけない。 そういう時代がやって来…

僕が思う松本人志の凄さとお笑いについて

僕は、ゴリッゴリの松本人志信者だ。 「お笑いとは、即ち松本人志だ」くらいには思っている。 もちろん、いろんなお笑いの形があることはわかっている。 明石家さんまも、ウッチャンナンチャンも、爆笑問題も、認めていないわけじゃない。 ただその中で、1番…

2022年のJリーグ開幕と鹿島アントラーズの展望について

2022年のJリーグが、今週末に開幕する。 僕は、ここ15年来の鹿島アントラーズのファンだ。 なので、今シーズンの鹿島アントラーズについて少し書いてみようと思う。 とは言え、サッカーについては基本、素人である。 サッカー自体は、大好きだ。 欧州のトッ…

渡部の復帰と白黒アンジャッシュを見て思ったこと

千葉県民なので、白黒アンジャッシュを見た。 そこで、見て思ったことを書いていこうと思う。 渡部は終始、下を向いてうなだれていた。 児嶋が一人で話す時間が長かった。 それを見ている内に、何故か知らないけど腹が立ってきた。 自分でも何にイラついてい…

作家志望の希望と僕の人生について

僕がこの人生で、身に染みてわかったことがある。 それは、自分がダメな人間だという事だ。 子供の頃から、普通に話しているだけで人が離れていく。 人気者になったことなんて無かった。 大人になってからも、好かれたことはない。 それはなぜか。 嘘をつく…

最近買った本と無駄遣い癖が治らない

ついこの前、本を大量に買った。 近所の古本チェーン店が閉店するので、値引きセールをしていた。 本当にもう閉店間際だったので、80%オフになっていた。 とにかく後で読む可能性のありそうな本を片っ端から籠に入れていった。 会計は1333円、30冊近く買った…

特に人に言うほどでも自慢するほどでもないラジオの事

人に言いたいけどわざわざ言うほどじゃない事って、誰にでもあると思う。 僕は伊集院光のラジオのリスナーで、採用されたら貰えるカードを7枚持っている。 特に自慢するほどのものではない。 ラジオを聴き始めたのは、中学生の頃だった。 僕の部屋にテレビは…

暇な時に読み返すのに向いている漫画と向いていない漫画の違い

なぜ、人はドラゴンボールを読み返したくなるのか。 しかも、決まって読み返すのはサイヤ人襲来からナメック星までの間だ。 何十回と読んでいるので、話の展開どころかセリフもほぼ覚えてしまっている。 時には、終わるタイミングを見失ってセル編も読む。 …

日本のアニメ漫画文化に対する思い出と妄想

日本の漫画・アニメは世界に誇れるものだ。 よく、そう耳にする。 僕が高校の時に、英語の授業にELTで外国人教師が1人ついていた。 大柄な男で、たぶんアメリカ人だった。 その人が、最初の自己紹介で少女革命ウテナが好きと言った。 アニメオタクだったのだ…

自分が流行に乗れない理由を考える

ヒカキンのYoutube見た事ない。 何の自慢にもならない。 世の中には僕のような人間が、一体何人くらいいるのか。 もちろんテレビ等でヒカキンの顔は知っている。 Youtubeも日常的に使っている。 じゃあなぜ見ないのか。 理由は簡単、見るのが怖いからだ。 世…

映画館のトイレ問題とそれに関する考察

映画館では出来れば、集中して映画を見たい。 しかし、それを妨げる困難がある。 その一つが、トイレ問題だ。 2時間をスクリーンの前で耐え切るのは至難の業だ。 最初からある程度は諦めて、どこでトイレに行くかを伺うという考えもある。 行くのだったら終…

ツイッターのトレンドとネットニュースの中毒性

やめなきゃいけないとわかっているけれど、やめられない。 ツイッターのトレンドとネットニュース巡りだ。 毎秒、更新されていく記事。興味をくすぐるタイトル。 気付けば数時間経っていることも珍しくない。 そして何が残るのか。何も残らない。 少し芸能事…

子供の頃の振り返ると恥ずかしい思い出

今になって振り返ると、なぜあんなことをしていたのだろうと思う事がある。 小学校低学年の頃、授業を受けていた記憶が無い。 ほぼずっと、図書室に入り浸って本を読んでいたからだ。 休み時間も授業時間も関係なかった。ずっと本を読んでいた。 なぜなら、…

子供の習い事を何にするかに関する思い出

子供の習い事を何にするかで、悩んでいる親が多いらしい。 気持ちはわからなくもない。 親なら子供に役に立つ習い事をさせたい。 ただ、子供自身が楽しいと思わないといい経験にはならない。それは確実に言える。 僕は小学生の頃に水泳教室に通っていた。 隣…

ダイエットの苦しさとその見返りについて

痩せていることにメリットは無いけれど、太っていることにデメリットはある。 僕は以前、MAXで体重85㎏まで行った事がある。 身長は170cm弱なので、これはかなりの肥満だった。 どれくらいかと言うと、腹の肉が邪魔で靴下も履きにくかった。 これは虚しい。…

若い頃の夢と未練について

若い頃には、今考えるとなんでそれが出来ると思ったんだ?という夢を見ることがある。 僕もご多分に漏れず、20代の頃にお笑い芸人に本気でなりたいと思った。 特に面白いわけでもなく相方になってお笑いを目指してくれるような友達はいなかったので、お金を…

ネットショッピングと面倒くささと興味の関係について

ネットショッピングの魔力は絶大だ。 クレジットカードがあれば、何でも買える気になる。 最近気付いたのだが、買っている時間は大体夜、しかも寝る直前の場合が多い。 迷っている物を、疲れて判断力の衰えた時に踏ん切って買う。メルカリで狙っていた物を見…

楽しみ方がわからないこととギャンブルに関する思い出

何度か挑戦してみたけれども、何が楽しいのか理解できないことがある。 ギャンブルも、僕にとってはその一つだ。金が惜しいわけじゃない。 ただ、そのためにやきもきする時間が、嫌だ。 大抵のギャンブルは、その結果が出るまでの時間を楽しむために出来てい…