レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

動物に例えるなら自分は何?に対する正解とは

自分を動物に例えるなら何か。定番の質問だ。

僕は辰年生まれ、水瓶座動物占いはペガサスである。

いずれも空想上の生き物だ。水瓶に至っては動物ですらない。

僕は今まで、この質問の答えでしっくりいった事が無い。

そもそもこの質問は、何を見ているのか。

回答者の自意識である。

自分でどう思うかなのだから、答えは何でもありだ。

その上で、どう答えるか。

犬や猫なら、平凡すぎやしないか?

ハムスターやリスやパンダ等なら、自分で自分の事を可愛いと思っているのか?

熊や蛇などの害がある動物なら、ある意味カッコつけているのか?

龍などと言おうものなら、もう天才ぶってるやつ扱いが決定だ。

また、豚などの露骨な卑下もそれはそれで面白くないので注意が必要だ。

そう考えると、ペガサスはいいかもしれない。

一見するといいかもしれないが、ペガサスは実は悲しい存在である。

まず、陸を走るときは断然普通の馬の方がいい。羽根が空気抵抗で邪魔になるので絶対遅い。競馬でペガサスに賭ける人はいないだろう。

また、空を飛ぶ時も明らかに不利だ。馬の部分が邪魔で、鳥のように自由に空を飛ぶことは出来ないだろう。

これは、水陸両用車と同じ問題である。

どちらでも使えるというだけで、機能面で見たら両方とも本職には敵わない。

どうしても空を飛ばないといけない場面なんてあまり無いのだから、ペガサスと馬なら馬に乗るべきだ。

よし、これからはペガサスで行こう。

ちなみに、ペガサスの性格は「束縛を嫌う謎多き自由人」である。

お前は、天才に思われたいのか。