レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

日本のアニメ漫画文化に対する思い出と妄想

日本の漫画・アニメは世界に誇れるものだ。

よく、そう耳にする。

僕が高校の時に、英語の授業にELTで外国人教師が1人ついていた。

大柄な男で、たぶんアメリカ人だった。

その人が、最初の自己紹介で少女革命ウテナが好きと言った。

アニメオタクだったのだろう。

ただ、生徒はみんな引いていた。

当たり前だ。

僕も放送当時少しだけ見ていたが、小学生だったので、理解できるわけがない。

何か気持ち悪いくらいの感じだった。

エヴァウテナも、その後にちゃんと見てみたら面白かった。

たしかに、日本には面白い漫画・アニメがある。

しかし、有効活用されているだろうか。

日本には、東京ディズニーランドユニバーサルスタジオジャパンがある。

どちらも外国のキャラクターをモチーフにしたテーマパークだ。

日本人のテーマパーク需要はそこに消えている。それは勿体ない。

せっかく日本には自前で出来るコンテンツがあるのだから。

例えば鉄腕アトムからワンピース、鬼滅の刃まで全てのアニメ・漫画を使ったテーマパークがあったら、どうなるだろう。

ただの妄想だ。

何でもできる力があったら作りたい。

Amazonに対抗する楽天くらいには、なりそうな気がする。