レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

暇な時に読み返すのに向いている漫画と向いていない漫画の違い

なぜ、人はドラゴンボールを読み返したくなるのか。

しかも、決まって読み返すのはサイヤ人襲来からナメック星までの間だ。

何十回と読んでいるので、話の展開どころかセリフもほぼ覚えてしまっている。

時には、終わるタイミングを見失ってセル編も読む。

ブウ編になると流石に飽きてきて、途中でやめる。

スラムダンクだったら、まず読むのは山王戦だ。

そこから初戦の豊玉戦、予選の海南戦、陵南戦、翔陽戦に戻る。

よっぽど暇じゃなければ、その前までは遡らない。

なぜ読みたくなるのかと考えると、面白さが既に保証されているからだ。

変に新しいものに手を出すよりはよっぽどいい。

また、既に知っているので労力もかからない。コスパがいい。

これがハンターハンターだと、面白いが流し読みには向かない。

基本的に頭を使わないといけないので、読む方としても覚悟が必要だ。

あくまでも空いた時間の暇つぶしだ。頭を空っぽにして読める方がいい。

逆に集中して読みたい場合は、ハンターハンターカイジが向いている。

30分くらいの息抜きではなく、今日はこれを読むだけで終わりだと思って読み始める。

漫画だけでなく映画でも何でも、個人的にこれが好きで何度も見返すというものがある。

ああ、久しぶりにまた読みたくなってきた。