レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

理想の祖父母像とおじいちゃんに関する思い出

天皇皇后両陛下は、日本の祖父母の理想像だ。

いや、今は上皇上皇后両陛下と言うべきか。

テレビに映る彼らの姿を見るたびに、こんなおじいちゃんおばあちゃんが欲しかった、と思う。

そこには、右翼も左翼も関係ないだろう。

まず、おばあちゃんは基本的に孫には優しいので問題ない。

どこの家庭でも、おばあちゃんと言うのは1番弱い存在かもしれない。

母親は自分の子供に対して時には厳しく接するが、祖母が孫を叱ることはほぼない。

小遣いも「お母さんには内緒だよ」と言ってくれる。

お菓子は好きなだけ食べさせてくれる。

しかし、祖母がくれるお菓子に子供にクリーンヒットするものあまりない。

煎餅やオブラートに包まれたゼリーを喜ぶ子供はいない。

孫に甘く好かれていると言えばいいが、なめられいるとも言える存在、それがおばあちゃんだ。

一方、おじいちゃんとはあまり思い出自体がない。

唯一、小学生の冬休みの書初めの宿題で、母親に頼まれて監督されるのがおじいちゃんとの関係だった。

僕の祖父は書道の心得があったらしい。

しかし、特に指導もなくとりあえず書かせて、「これはダメ」とか批評されるだけなので、はっきり言って嫌だった。

こっちはさっさと規定枚数を終わらせて遊びたいので、特にやる気もなく書いていた。

ただ、見る目はあったらしい。

弟がマグレで書いたもので「これはいい」と言っていた書初めが、かなりいい賞を貰っていた。

同じ家に住んでいたのに、祖父との思い出はほぼこれだけ。

会話もなく四六時中ずっとテレビを見ていた記憶しかない。

なので別に不満があったわけじゃないけど、優しいおじいちゃんが羨ましい。

いや、意外と上皇陛下も愛子様書初めを見て、「これはダメだね」とか言ってるのかもしれない。