レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「アドラー心理学」と「課題の分離」と「親の子供に対する期待」について

世の中には、絶対的に正しい事なんてないと思っている。

他人に対して、偉そうに「こう生きるべきだ」なんて言ってるやつは、まず信用できないと思っている。

昔、アドラー心理学の嫌われる勇気という本を読んだ。

「課題の分離」という事について書いてあった。

どういうことかと言うと、「自分と他人の課題を分けて考えるべき」ということだ。

例として書いてあったのは、「親が子供の将来を案じて、夢を諦めさせてまっとうな道を歩ませようとする」場合だったと思う。

「親の課題」と「子供の課題」は別で、「子供自身の人生をどうにかする」のは子供の課題だから、親といえども口出しするべきではない、みたいな話だった。

それに納得して以来、僕は事あるごとにこの「課題の分離」を思い出すことがある。

実際、世の中にはこれが出来ていない人は多い。

ただ、その事についてはよっぽどの事がない限り、他人に指摘はしない。

自分の親に対してすら、思っていても口にはしない。

僕の親戚で、交通事故の被害者の人がいる。

知らない人でも見てすぐにわかるくらい、重い障害を負っている。

話したことはほぼ無いが、葬式や法事の席ではいつも顔を会わす。

何と言うか、やりきれない気持ちに少しなる。

その人の母親も、もちろん親戚なので知っている。

そのおばさんと、偶然2人きりで話す機会があった。

「なんでこんな事になったんだ。悔しい」と、おばさんは言っていた。

半分、泣いていたと思う。

「お前は五体満足なんだから好きなことをしろよ」的な意味合いも、あったのかもしれない。

「かわいそうだ」とは思ったが、何も言えなかった。

むしろ、言わなくてもいい事を言わないように、押しとどめていた。

「そんなの仕方ないじゃん」と、言いそうになったわけではない。

ある意味もっと、意地が悪い事かもしれない。

「それって、課題が分離出来てないんじゃないの」と言おうかと思った。

しかし、結局何も言えなかった。

それを伝えたところでどうなるわけでもなく、むしろ害になると思ったからだ。

そのおばさんは、紛れもなく「面倒見が良くて、優しい人」である。

親戚は僕よりも明らかに年上で、おばさんもかなりの年配だ。

今さら、親子関係を変えることは難しいだろう。

あまり関係のない話をしてしまった。

僕が言いたいのは、「子供思いのいい親」が、子供を苦しめるし、本人自体が苦しむ場合もある、という事だ。

「子供の人生の成功」を、陰ながら願うのは良い。

問題は、「子供の成功」のために暗躍し、一喜一憂するタイプだ。

そういうタイプは、まず子供に「安全な道を歩ませよう」とする。

また、そういう親に育てられた子供の方も、「その期待」を敏感に感じ取る。

そして基本的には「いい子」なので、反抗できない。

だが、そうなっては子供は自分の人生を生きた気がしないだろう。

親を怨むかもしれない。

そうなっては、両者とも不幸になる。

結局、自分のやりたい事があるなら、周りに何と言われようとやった方がいい、ということだ。