レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

水曜日のダウンタウンの「ベテラン芸人版浅草キッド」と「芸人を名乗る事の違和感」について

最近、あることについて、ずっと考えていた。

それは、先週の水曜日のダウンタウンを見てからだ。

それを見ながら、何か釈然としない思いがあった。

だけど、それをどう表現していいのかわからなかった。

僕は、自分の考えをまとめるのに時間がかかる。

そして何とかなりそうなので、とりあえず書いてみる。

かなり拙い部分もあると思う。

たしか、水曜日のダウンタウンの企画で、「どんな芸人にも自分なりの浅草キッドがある説」みたいな感じだったと思う。

それで芸歴20年越えで売れてない芸人を集めて、自分なりの歌詞を作って歌ってもらうという流れ。

途中で言ってたけど、「賞を狙っているのか?」という感動系に持って行こうのがありありと見える企画だった。

だけど最後に言ってたけど、結果として僕も泣けなかった。

あまり感動も出来なかった。

それがなぜなのかを、ちょっと順を追って考えてみた。

まず、「エルシャラカーニ」と「2丁拳銃」。

この2組は、ネタで評価された経歴がある。

つまり、「面白い芸人」だ。

今の全芸人を面白い順に並べたら、確実に上位に入るだろう。

そういう人達が、諦めきれないのも理解できる。

もっと面白い人達の壁に阻まれただけだ。

だから何となく、切ない気持ちになった。

しかし次の、「ブラックパイナーSOS」には、そういう気持ちを感じなかった。

何と言うか、微妙にヌルく思えて仕方がなかった。

僕は1度、芸人の養成所に行っていた事がある。

その同期で、今も全く売れずに若手芸人をやっているのが、1組だけいる。

はっきり言って、僕の目から見たら、今でも「絶対無理だからやめとけ」って思う。

1年間一緒に過ごしたら、大体どの程度の面白さかは把握できる。

そいつらはいいやつだったが、ネタでもネタ以外でも、面白いと思ったことは無かった。

僕の同期で、ひょっとしたらプロでやっていけるんじゃないか?と思えるやつは1人いたが、そいつは今は構成作家の見習いらしい。

鳴かず飛ばずだろうと、そいつらの人生なんだし放っておけばいいとは思う。

しかし、続けるのは勝手だが芸人を名乗るのはやめて欲しい、とは少し思う。

はっきり言って、僕は芸人という職業に、人一倍リスペクトを感じている。

だからこそ、芸人をナメている人間には、腹が立つ。

それこそ、自分自身が少し馬鹿にされているような気分にも、なってしまう。

「面白くない人」が「芸人を名乗る」行為自体に、ちょっと違和感がある。

「芸人なんて免許があるわけじゃないんだから好きに名乗って良い」という、考えもある。

もちろん自由だし、それを止めようなんて思っていない。

そういう人たちが、「個人的に好かない」というだけだ。

完全に僕個人の主観の問題で、「正しい」なんて全く思っていない。

別に売れずに長くやっていることなんて、何の誇りにもならない世界だ。

「何となくだらだら続けている」なら、「本気で取り組んで完全燃焼して、潔くやめる」方が、100倍カッコいい生き方だ。

そのことだけは、覚えておきたい。