レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「コロナのニュースから離れること」と「あえて考えないようにすること」について

僕は、ニュースをあまり見ない。

欠かさず見ているのは、ワイドナショーとニュースキャスターだけ。

それも、「松本とたけしのコメント」が聞きたいだけで、ニュース自体には興味が無い。

なんで、こうなったのか。

端的に言うと、コロナのせいだ。

いや、「コロナのおかげ」と言ってもいいかもしれない。

元々、能動的に見ていたわけではないのが、拍車がかかった。

コロナが始まってこの2年、毎日テレビのニュースはコロナ三昧だ。

それは別にいいし、テレビ局に文句を言う気もない。

ただ、自粛中にある臨界点を超えた時に、「見てるだけで憂鬱になっている」自分に気が付いた。

別にコロナ関連のニュースは、すべてが全てネガティブというわけではない。

ただ、こっちの気分が落ち込んでいる時には、「コロナに負けずに頑張りましょう!」と言われるだけで、なんかイラついてしまう。

別に、誰が悪いわけでもない。

だから、僕はテレビを消した。

正確に言えば、テレビもネットも「コロナ臭」のするものは、意図的に遠ざけるようにした。

やってみてわかったことは、意外と出来る。

いや、完全には出来ないけど。

どう頑張ったって1日に数回は、コロナという言葉は目に入るし耳にする。

だけど、目にしたところで、それについて考えないことは出来る。

目的としてはあくまでも、「見ないこと」じゃなくて、「コロナについて、考えたり悩んだりしないこと」である。

それは、一朝一夕じゃ無理だ。

それが出来る人間なら、今すぐ目を瞑って「コロナの事を忘れよう」と思えば、忘れられる。

そんなの、僕にだって不可能だ。

それに、僕だってコロナの必要な情報は知るようにしている。

つまり、本当の本当に忘れる事なんて出来ない。

ただ、毎日続けていれば、少しは楽になるというだけだ。

つまり、「世の中の、コロナについて真剣に考えさせようとするもの」を遠ざけて、「悩む時間」を少しでも減らそうというだけだ。

だって、その方が人生を有意義に過ごせるはずじゃないですか。

東日本大震災の時は、どうやってもその事から逃れることは出来なかった。

また、コロナ関連ニュースで、どうしても知っておかなければいけないことなんて、本当に限られてる。

「県の感染者数が昨日から何人増えた・減った」で、一喜一憂する意味なんて、正直ないと思う。

だって、「感染者数がゼロになって完全撲滅しました」というアナウンスがあるまで、ずっと同じ気持ちで気を付けていた方がいいもの。

何ていうか、周りの人たちを眺めていると、毎日、苦しそうだなと思うんです。

その原因って、自分の行動で自分の首を絞めている部分もあるんじゃないかな。

まあ何が言いたいのかというと、もっと色んな選択肢を持っていいんじゃないか、という事です。