レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「やらない善よりやる偽善に対する不満」と「本当の善人になる方法」について

やらない善より、やる偽善。

僕はこの言葉が、あまり好きではない。

なぜなら、これを言う人はほとんどが、物事を「行為」でしか判断していないからだ。

そもそも、偽善と善の違いは何か。

大体の人は、人に見せつけるための善行を偽善だと思っているのだろう。

本当は違う。

それだったら、人前でやる善行だけが偽善になる。

そうじゃない。

僕は、人前でやる善行じゃなくて、たとえそれが匿名であっても、偽善にはなると思う。

それは偽善と善の違いが、それを行ったときの本人の精神性によるものだと思うからだ。

本当の善人は、善行を行ったときに自分は善行を行ったと思ってはいけない。

なぜならそれは、自分が善を行ったと思う時点で、その相手やそれを行わなかった他の誰かより、精神的優位に立ったことになるからだ。

それはつまり、自分の虚栄心を満たすことになる。

善を自覚を持ってするという事は、いわば心のオナニーだ。

「別に、それで何が悪いのだ」という人もいるだろう。

正直に言えば、そのこと自体は悪くはない。

ただ、虚栄心を満たすという事に関して言えば、気を付けなければいけない。

それはつまり、「自分を実際よりも少しでもよく見せたいという、欲の感情」に他ならない。

それを「まあ、いいや」で育てすぎるのは、はっきり言って危険だ。

だって、善行をするチャンスなんて、そんなに滅多にあるものじゃない。

だから、虚栄的な人は自分の心を満たすことに常に飢えている。

世の中にはびこる悪行のうち、虚栄心を根源にしているものは、結構ある。

たぶんイジメだって差別だって、「あいつらより優位に立ちたい」という気持ちをベースにしているだろう。

だから僕は、善ならいいけど偽善は危険だと思う。

じゃあ、どうやったらちゃんとした善を出来るのか。

本人の心の問題なんだから、心を鍛えるしかない。

つまり、いい事をしても、「自分はいい事をしたわけじゃない、これは当たり前のことだ」と思うように意識づける。

だけど、それは簡単じゃない。

無意識的にでも、「いい事したな」と思うのが人間だ。

そういう時には、即座に相手に対して「精神的優位に立って申し訳ない」と思う。

それをずっと繰り返す。

もちろん、最初から「やましい気持ち」のない本当に聖人のような本物の善人は、そんなことする必要が無い。

そうじゃない人間は、そうすることでしか、本当の善人には近づけないだろう。

僕だって、全然善人にはなれてないけど。