レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「感情は言葉に左右されること」と「憂鬱さをどう乗り越えていくのか」について

多くの人は、思ったことを写し取ったものが言葉だと思っている。
つまり、感情が先で言葉が後だということだ。
寒いと感じた後に、「寒いなあ」と言う。
それは明確に、思う方が先だ。
しかし、世の中はそんなに単純なことばかりではない。
感情は、言葉によって左右される部分もあると思う。
やってみればわかるが、「死にたい」と延々とつぶやき続けるだけでも、かなり気分は落ち込む。
フラットな精神状態でも、「本当は死にたいんじゃないか?」と思えてくる。
つまり、自己洗脳とか自己暗示みたいなことは有効だ。
「自分が今現在、こういう人間である」と思うこと自体が、一種の自己暗示みたいなものだ。
という事は、自分でその暗示をかけなおすことだって出来る。
ただ、催眠術みたいなものなので、かかりやすい人とかかりにくい人はいるだろう。
昔の人は、たぶんこういうことを言霊と言ったのかもしれない。
ただ、「言ったことが、そのまま叶う」なんてことはない。
言ったことが「感情以外の部分に影響がある」なんてことは、たぶんない。
自分が何もしないのに、勝手に結果が良くなるなんてのは嘘だ。
昔、自己啓発セミナーの映像を見たことがある。
「自分は○○で成功する!」
「いつか大金持ちになる!」
みたいな目標を、大声で叫ばせていた。
別に、否定はしない。
それによって気持ちが変わって、行動を起こせるなら別にいい。
しかし、それが行き過ぎると変な宗教っぽくならなくもない。
この前、テレビで芸能人が「ポジティブな言葉を唱えると運が回ってくる」みたいなことを言っていた。
それは流石に、あり得ない。
たとえその人の場合はそうだったとしても、それはその人が運が良かっただけで、何もしなくても回ってきていたはずだ。
それを自分が信じるだけならいいが、他人に宣伝して騙すのは、やめてほしい。
「寝てて儲かる」みたいな詐欺話とあんまり変わらない。
あくまで、言葉によって支えることが出来るのは、気持ちだけだ。
ただ、気持ちが変われば、それが行動にもなり、結果になる可能性があるというだけだ。
だから、気持ちが落ち込んだ時は、多少無理してでも「自分は大丈夫だ」と思うようにしよう。
そうやって、憂鬱な日々を何とか乗り越えていくしかない。