レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「お笑いの天才とは何か」と「自分のやりたい笑いをやるべきか」について

様々な分野に、天才という人たちがいる。

僕は、お笑いの天才について語りたい。

お笑いの天才というのは、どういう人たちだと思うか。

それについて、あくまで個人的な見解を言いたい。

端的に言うと、僕が思う笑いの天才とは、「自分のやりたいことをやって売れる人」だ。

つまり、自分が面白いと思うことをやって、客を面白がらせることが出来る。

はっきり言ってこれは、最高だ。

だって、自分でもそれをやって楽しい上に、大金が貰えて、人から褒められる。

しかも天才には、「時代に合わせる」とか「客に合わせる」ことをする必要が無い。

むしろ、「客の方が俺に合わせろ。俺について来い」と、胸を張って言える。

なぜなら彼らは、紛れもなく面白いからだ。

世の「芸人になりたい」と言う志望者も、本当はなりたいのは、こういう天才芸人だろう。

そりゃ、そうだ。

だって天才には、苦悩も葛藤もない。

「ネタ作りを頑張った」くらいの苦労しかないだろう。

ただ、勉強してもめちゃめちゃ努力しても、誰もが天才になれるわけじゃない。

もちろん芸人を始めるときは、誰もが自分の才能を信じてる。

その間は、本当に好きにやってみるといい。

それで色々やってみた結果、自分が天才じゃないと気付いてからが本当の勝負だ。

大半の「売れてる芸人」も、最初から自分の笑いが通用した本当の天才なんていうのは、稀だ。

大体は元々才能があったのだろうけど、時間はかかっている。

世間に通用する形にアジャストするまで、本人なりに苦悩した結果だろう。

よく、本当に売れない芸人で、全くウケていないのに「自分の笑いを貫く」みたいなことを言う人がいる。

養成所で、そういうやつはよく見かけた。

別に本人の好きにすればいいが、そうやって現実を受け入れない限りは、売れることはないだろう。

自分の笑いを貫いていいのは、それで人を魅了することが出来る天才だけだ。

なぜウケないのかの原因を、考えなければいけない。

「笑いが正しく伝わっていないのか」

「そもそもそれが面白くないのか」

大体そういうことを考えるのを放棄した結果が、「客が悪い」「相方が悪い」なのだろう。

「やりたいことを貫く」というのは、一見カッコよく聞こえるけど、思考停止とも紙一重な事だと思う。