レクイエム・マイ・ドリーム

日々思ったこと、感じたことを書きます。

MENU

「最近のお笑いの若手のレベルの高さ」と「どうやったら面白くなるのか」について

今の芸人は、めっちゃレベルが高い。

川島や、千鳥や、かまいたちみたいな売れっ子は、当たり前だ。

見取り図・盛山や、さらば青春の光・森田や、ニューヨーク・屋敷くらいでも、かなり面白い。

こいつらが30年前だったら、天才扱いだろう。

ごっつええ感じくらいの時でも、本当に面白いといえるのは、ダウンタウンと板尾くらいだった。

今じゃ、そのレベルの芸人は、たくさんとは言えないが、そこそこはいる。

松本人志が「俺より面白い芸人はもう出て来ている」と言っていたが、それは本当だろう。

30歳の頃の松本人志より、今の粗品の方が上かもしれない。

じゃあなんで、そんなに面白いやつらが騒がれないのか。

ダウンタウンの若い頃みたいな異常な騒がれ方は、もうない。

それは単純で、客の見るレベルも上がったからだ。

と言っても、見ている客の全員が同じように進歩したわけではない。

相変わらず、昔の価値観で止まっている人は存在する。

と言うか、どっちかと言えば大衆の大半はそっち側だろう。

見てる人の中で、ちゃんと理解して言語化して評価できているようなお笑いレベルの高い人は、1割にも満たないんじゃないか。

だから毎回賞レース後には、そういう人たちの間で言い合いが起こるのだろう。

そもそも「お笑いに対する理解のレベル」が人によって違うのだから、嚙み合う訳がない。

ただまあ、どんな人でも知識量が増えることによって、少しは進歩する。

というわけで、特にM-1以後は客の見る目と演者との追いかけっこだ。

少し話がずれたが、なぜ面白い人間が出てくるのかを考えてみたい。

どうやって、面白い人が出来上がるのかだ。

ネタは別にして、例えばトークでどう答えたら面白くなるかなんていうのは、最終的には経験だ。

センスがあっても、経験値が無ければ難しい。

つまり面白いやつらが集まって、みんなで答え合わせをするというのが、1番手っ取り早い。

NSCや若手の芸人でも、面白いやつらは大体面白いやつら同士でつるむ。

それが1番楽しいし、張り合いがあるし、勉強にもなる。

だから平場のトークでは、結局そういうところで育ってきた吉本芸人が強いのだろう。

吉本以外では、そういう場はあまり聞かない。

だからネタは出来ても、トークは・・・という事が多いのだろうと思う。

養成所に入っても、講師からネタにダメ出しされることにたいしては、そんなに意味が無い。

ただ、そういう意味でお笑い仲間を作れることにだけは、意味があると思う。